NEWS

下記書籍は,オンデマンド版*,または改訂版**を刊行しています。

 

『電話相談活用のすすめ 心の危機と向き合う」(吉川武彦・高塚雄介 編)はオンデマンドで出版しております。

詳しくはこちら

周産期の心のケア―親と子の出会いとメンタルヘルス』(永田雅子著)はオンデマンドで出版しております。

詳しくはこちら

医療におけるナラティブとエビデンス―対立から調和へ』(斎藤清二著)は改訂(第2版)となりました。

改訂にあたって新章を加えました。

詳しくはこちら

 

事例で学ぶ生徒指導・進路指導・教育相談 中学校・高等学校編』(長谷川啓三・佐藤宏平・花田里欧子編)は改訂(第2版)となりました。

新たに「学級経営」の章を加え,各統計データを最新のものにアップデートしています。

詳しくはこちら

 

『老いのこころと寄り添うこころ[改訂版]──介護職・対人援助職のための心理学』(山口智子編)は改訂(第2版)となりました。

各統計データを最新のものにアップデートしています。

詳しくはこちら
—————————————————————————————–
*オンデマンド版って何?

オンデマンド版とは,オンデマンド印刷機によって印刷,製本されたバージョンのことです。オンデマンド印刷機では印刷から製本までを表紙を含めて一貫して制作でき,少部数を印刷する場合に安くできるメリットがあります。印刷のクオリティはさほど変わりませんが(若干,濃い印象があります),1ミリ程度の誤差しかない本来の製本とは違い,造本に関しては多少粗いところがあります。
弊社の場合,通常の版とは違って,
1)ソフトカバーの簡易製本。
2)カバーがない(本の表紙に初版カバーのデザインが施されています)。
3)紙が違う(同じ場合もありますが,価格を抑えるために,一番量産されていて安い,「上質紙」という紙を使っています)。
4)ツカ(本の背の幅/厚み)が薄いことがある(上質紙の薄い紙を使っています)。
となっています。
とはいえ,本は本。内容は変わりません。製本についても気にならない方にはまったく気にならないと思います。
あらかじめ,その点をご了承の上,ご注文ください。

**改訂版って何?

出版社は本を刊行するとき,あらかじめ5,000部とか,2,000部とか,「これだ!」と思う部数を刷ります。最初に刷ったものが「初刷」「1刷」。これが売り切れ,もっと売ろうとなると,増刷となります。つまりもう一度,出版社がコスト計算等をして,500部とか,1,000部とか刷って,市場に出荷をします。最初の増刷は,2刷。以降,3刷,4刷……となっていきます。
このとき,1刷と2刷には大きな違いはありません。誤植の訂正などがある場合は変わっていますが,大きな内容の変更はまずありません。なので,1刷と2刷以降は,同じ「版」で印刷をされます。(奥付など,一部の頁のみ,変更されます。)
時間がたって本の内容に変更を加える必要が出てくる場合があります。それにともない,「版」も新たに作り直す必要があり,それが「改訂版」です。「増補版」「新版」「第2版」などという言い方もあります。
書誌データ上,「1刷」も「50刷」も同じ本になります。値段が変わろうが,同じ本。同じISBNコードと呼ばれるものがついています。しかし,「改訂」をすると,書誌データ的にはまったく別の本になります。(内容が変わらなくても,版元が変わったり,本のサイズが変わったりすると,やはり違うISBNコードになりますが)