PRODUCTS

091ogurafukkan

子どものこころの世界
――あなたのための児童精神科医の臨床ノート

小倉 清 著

定価1,800円(+税) 216頁 四六判 並製
ISBN978-4-86616-091-7 C0011
2019年8月10日発行

 

小倉清先生による児童精神医学の本質を伝える1冊

この本は,児童精神科医が一般や初学者に向け,子どもの心の問題をわかりやすく解き明かした名著です。小倉は,多くの著作をもつ名医で,現在は子どもの心の問題を中心にした精神科クリニックを開設し,日本で初めての母子デイケアを併設するなど,80歳をすぎた現在でも旺盛な探求心と先進性をもって第一線で活躍をしています。
この本は,そんな著者によって書かれた『こころの世界「私」はだれ?』(彩古書房)をもとに復刊にさいして多くの筆が入れられたものです。諸事情から長らく絶版になっていましたが,今もなお子どもの心の現実とその対応がよくわかる貴重な1冊として復刻をしました。

小倉先生の本→『治療者としてのあり方をめぐって』(土居健郎先生との共著)
こころの原点を見つめて』(小林隆児先生との共著)
子どものこころを見つめて』(村田豊久先生・小林隆児先生との共著)
「甘え」とアタッチメント』(小林隆児先生・遠藤利彦先生共編)


   はじめに

この本は、三十五年も前に「語り」として彩古書房から「こころのせかい」という題で出版されたものでした。昭和でいいますと五十九年という年でした。例の学園紛争もそろそろ終焉にせまっていた頃でしたが、いろいろな局面で、日本という国は紛争の真っ只中だった頃でした。人々はいろいろな意味で混乱していたといえるような時代でした。
私はその頃、子どもの精神科臨床で多忙な日々を送っていたので、書く作業にはとりかかれませんでした。彩古書房の長谷川洋子さんは、精神科関係の本の出版に力を入れておられ、私のこの本を含めて十冊位のモノグラフを出版されたのでしたが、その後、事情があって、その出版社は終了しました。そしてこの本はもう過去のものとなったのでした。
ところが、その後、日本という国は前進した面もありながら、むしろ混乱が深くなったもあって、その結果のひとつとして精神科、特に子どもをめぐる問題が深刻になってきて、人々がそれらに注目するようになってきたように思えます。
そして、この本はどういうことか、新しい出版社(遠見書房)の山内俊介さんの眼にとまり、あちこちに訂正や追加をほどこして「子どものこころの世界」と題も改めて、一般の方々にも理解可能な述べ方を守ることにしたのです。
この本が、読まれる方々にとってなんらかのお役に立つことが出来ればと願う次第です。

二〇一九年五月(令和元年)
小倉 清

 


目 次

第一章 心の健康とは
不安のコントロール/怒りのコントロール/変化への対応/人に与えるということ/現実をみつめること第二章 心の病気
正常と異常/正常のなかの異常/異常は行動にあらわれる第三章 症状の成り立ち
ストレスフルな現代社会/防衛機制/症状の発生第四章 症状の意味


第五章 心の成長

〇歳児/一歳児/二、三歳児/保育園から幼稚園児へ/小学一、二年生/小学三、四年生/小学五、六年生/中学生/高校生/思春期の子と親第六章 子どもの遊びの意味
欲望の充足/征服欲/能動性への移行/現実逃避/コミュニケーションの道具/学習第七章 今日の社会
価値観の多様化/価値の基準/家庭の崩壊/社会文化的な諸要素/家族のあり方第八章 学校教育
社会文化的な背景/偏差値/学歴偏重/教育の見なおし

第九章 子どもの成長
歴史にみる子ども/子どもの成長と自然破壊/都市生活と子どもの精神衛生/健康な子ども

第十章 乳幼児の憂うつな状態第十一章 精神科への偏見第十二章 症例
大人への不信感から暴君と化したA君/親から離れたいというB君/自殺を図ったC君/負うた子に教えられて/勉強することに対して疑問をもった中学三年生/ある暴走族兄弟/母親にべったりな息子/妄想にとりつかれたH君/二十四歳の幼児第十三章 精神科の治療
病気とは何か/治療のあり方

 


著者紹介

小倉 清(おぐら・きよし)
1932年和歌山生まれ。1958年、慶応義塾大学医学部卒。1959年~1967年、米国エール大学、メニンガークリニック留学。1967年より関東中央病院精神科勤務。1996年よりクリニックおぐら。
主な著書
小倉著作集1~3、別巻1』(岩崎学術出版社)、『子どものこころ』(慶應義塾大学出版会),『子どものこころを見つめて』(共著、遠見書房)、『こころの本質を見つめて』(共著、遠見書房)、『治療者としてのあり方をめぐって』(土居健郎との共著、遠見書房)