PRODUCTS

53SC08

子どもの心と学校臨床 第8号
第8号の特集:子どもと思春期の暴力:その現実と対応

窪田由紀編
2013年2月刊行

スクールカウンセラーや養護教諭,教育相談の担当者など学校関係者のための臨床雑誌。
今回の特集は,いじめや体罰など,学校の暴力について,その概観から対応法・予防法までを詳説しました。

定価1,400円(+税)、160頁、A5判・並製
ISSN 1884-0310
ISBN978-4-904536-53-7 C3011

『子どもの心と学校臨床』の成り立ちについては、こちらをクリックしてください。
編集同人メンバーや創刊の辞、内容見本、予約や定期購読の仕方、などを読むことができます。


第8号 目次(予定・敬称略)

特集:子どもと思春期の暴力:その現実と対応(窪田由紀編)

特集にあたって ■ (名古屋大学)窪田由紀

§1 学校における暴力
いじめ ■ (福岡教育大学)??松勝也
暴力行為――生徒指導の視点から ■ (兵庫教育大学)新井 肇
スクール・セクシュアル・ハラスメント ■ (SSHP全国ネットワーク)亀井明子

§2 家庭・地域における暴力
虐待と子ども ■ (人間環境大学)坪井裕子
DVと子ども ■ (立命館大学/女性ライフサイクル研究所)村本邦子
ネットいじめを考える ■ (鳴門教育大学)小倉正義ほか

§3 予防教育
一般型の予防的支援 ■ (福井県SC)荒木史代
暴力防止プログラム「セカンドステップ」 ■ (山形大学)宮崎 昭
デートDV防止教育 ■ (DV防止ながさき)中田慶子

学校コミュニティにおける暴力問題の理解と対応 ■ (名古屋大学)窪田由紀

連載
発達障害のある子どもたちの家庭と学校(最終回)
家庭と学校の現実を変えるためにできること ■ (中京大学)辻井正次
近頃のシシュンキ(8)推しメンができるという社会性の獲得 ■ (島根大学)岩宮恵子
アサヒ高校の保健室だより(3)「いじめ」が事件になるとき ■ すぎむらなおみ
悩ませ屋がゆく ■ (SC)なかおよしき

リレー連載
【観点】学校からの報告(7)別室登校をどう考えるか ■ (京都府総合教育センター)小泉隆平
相談室の子どもたち(7)子どもたちと教師のメンタルヘルス ■ (愛知大学)木之下隆夫
この本,読むべし――生徒指導の達人に学ぶ ■ (文教大学)会沢信彦

ほか