PRODUCTS

035-1学校臨床17

子どもの心と学校臨床第17号

――特集 スクールカウンセラーの「育ち」と「育て方」
本間 友巳, 川瀬 正裕, 村山 正治 編

本誌は,教師・養護教諭・スクールカウンセラーなどの学校関係者,研究者を読者層とした,日本で唯一の学校臨床の実践と理論をめぐる専門誌です(年2回発行;毎年2,8月)。今回の特集は,本間 友巳, 川瀬 正裕, 村山 正治編による,「特集 スクールカウンセラーの「育ち」と「育て方」です。日本の公立学校にスクールカウンセラー(SC)が導入されるようになってから22年を経過しました。しかしいまだに1年ごとの任用がベースです。そうした状況でSCがどう育つのか,キャリアや能力をどのように育てていくのかを考えます。他に連載多数あり。

『子どもの心と学校臨床』の成り立ちについては、こちらをクリックしてください。 編集同人メンバーや創刊の辞、内容見本、予約や定期購読の仕方、などを読むことができます。


目次

特集 スクールカウンセラーの「育ち」と「育て方」
本間友巳 ■ SCの「育ち」と「育て方」
谷口由香莉 ■ 若手SCとしての「育ち」
増田明佳 ■ 中堅としての「育ち」
良原惠子 ■ ベテランとしての「育ち」
川瀬正裕 ■ 大学院での「育て方」
荒井久美子・朝比奈恭子 ■ SC組織での「育て方」
石川健司・堀英太郎 ■ スーパーバイザーとしての「育て方」

特別寄稿
香川 克 ● エビデンスを前に失われる可能性のあるもの

連載
川上ちひろ ● 関係を創る・築く・繋ぐ:発達障害のある子どもの成長
丹 明彦 ● 人間と遊び
花屋道子 ●学校をめぐる問題と対応:「先生」の人生を垣間見る
曽山いづみ ●【観点】学校現場からの報告:新人教諭の声なき声
野口寿一 ●この本,読むべし―スクールカウンセラーに薦める2冊
なかおよしき ● 悩ませ屋がゆく