第10回 ナラティヴ・コロキウム――シンポ:ナラティヴ・コミュニティ+限界を超える冒険家の講演と3つの研修会

プログラム
【第1日目】2022年3月12日(土)
特別講演 
   10:00~12:00
荻田泰永さん(北極冒険家)「極限状態の心理とナラティヴ」

*  *  *  *  *

シンポジウム「ナラティヴ・コミュニティ」
13:00~16:00  イントロ:公共空間を作り出すストーリーテリング
 森岡正芳先生(立命館大学)
話題提供1:西成でのコミュニティ支援から
 山本智子先生(近畿大学)
話題提供2:非モテのナラティヴ・コミュニティ
 西井 開先生(立命館大学)
話題提供3:ミュージックナラティヴによる協働
 松本佳久子先生(武庫川女子大学)
コメンテーター
 村上靖彦先生(大阪大学)
 安達映子先生(立正大学)
司会・進行
 森岡正芳先生(立命館大学)

*  *  *  *  *

【第2日目】2022年3月13日(日)
ワークショップ/研修会
  10:00~12:00
西村秋生先生(だるまさんクリニック,精神科医)
   「だるまさんクリニックの実践とオープンダイアローグ

*  *  *  *  *

  13:00~15:00
下平美智代先生(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 所沢市アウトリーチ支援チーム,看護師+公認心理師)
   「対話と協働──所沢市メンタルヘルスにおけるとりくみ

*  *  *  *  *

  15:30~17:30
宮西照夫先生(和歌山大学名誉教授,NPOヴィダ・リブレ理事長,精神科医)
   「呪術とトラウマ治療

*  *  *  *  *
   
【プレ企画】
自主シンポ(開催予定)
3月8日(火),9日(水),3月10日(木)の3日間19:30~21:30に開催予定。
ただし,応募者がいなかった場合は,開催いたしません。
(自主シンポのお問い合わせ:山内(yamanouchi@tomishobo.com)まで)

参加費 9,900円(税込) (ナラコロの全イベントへの当日参加/後日の見逃し視聴を含みます)

主催 ナラティヴ・コロキウム実行委員会(事務局:遠見書房内)

参加資格 ナラティヴに関心のある医療職,対人援助職,教育職,研究者,大学/大学院生の方などで,当日に話されたケース等の守秘義務が守れる方。

申し込み方法
弊社の販売サイト「遠見書房の書店」https://tomishobo.stores.jp/ から参加チケットをお買い求めください。

出演者の紹介はこちら(イベント情報ページ)をご覧ください。

Zoomを使ったオンライン講習会です/後日動画配信サービスで見逃し視聴,再聴講可能です


横断する概念のためか,たくさんの関係者がいるのに,なかなか一堂に集まる場がない。「ナラティヴ」は,そういうところがあります。医療,心理,看護,福祉,教育といった対人援助職の方や,社会学,人類学といった異なるの分野の方がバラバラにおられるのが現状です。そこで,「みんな集まれば面白いのでは?」という趣旨で,ナラティヴ・コロキウムなる集まりを催すことになりました。……ということで始めて10年なります。
前回からオンライン開催となっておりますが,当日にライブで参加することはもちろん,後日,研修会・シンポのすべての内容が見逃し視聴できます。

毎回,150名を超える参加者にお集まりいただいております。斯界をリードする高名な研究者から,精神科医,心療内科医,歯科医,臨床心理士/公認心理師,看護師,介護士,精神保健福祉士,司法関係の方まで,さまざまな方が集まっています。また狭義のナラティヴにこだわらず,なかなかお話が聞けないような研修会なども開催していこうと考えております。

学生の方,初学者の方からベテランの方まで,新しい視点を見つける時間をご一緒しませんか?

今回は,「境界」や「極限」にチャレンジする人たちに講演や研修を依頼しました。極地探検家である荻田さんは言わずもがな。日本の現実のなかでオープンダイアローグや精神医療の新たな方向性を模索する西村さん,下平さん。中南米の医療人類学や地域医療に携わりつつ,国内でのひきこもり支援にも邁進する宮西さん。森岡さんのシンポは新しい「境界のウチ/ソト」を考えてくれそうです。

また今回,初めての試みとしてオンライン「自主シンポ」を募集してみようと思います。3,4人のシンポ形式でナラティヴにかかわりのありそうな「研究」「実践」を語ってみませんか。3月8日(火),9日(水),3月10日(木)の3日間19:30~21:30までの2時間の時間をとっています。ナラコロ参加者の方は参加・視聴できます。自主シンポの主催者の方は,ナラコロの参加者であることが前提です。


 

「遠見書房」の書籍は,こちらでも購入可能です。

最寄りの書店がご不便、あるいはネット書店で在庫がない場合、小社の直販サービスのサイト「遠見書房⭐︎書店」からご購入ください(store.jpというECサービスを利用しています)。商品は在庫のあるものはほとんど掲載しています。