開業心理臨床/私設心理相談をめぐるオンライン・セッション「スキルと覚悟とマネジメント」

【日時】全4回 ※こちらは全てZoom を使ったオンライン講習会です。

 

第1回:2021年11月4日(木) 19:30~21:30

    栗原和彦「プライベート・プラクティスの実務を支えるもの」

第2回:2021年12月2日(木) 19:30~21:30

    信田さよ子「今,開業心理相談の可能性を考える」

第3回:2022年1月13日(木) 19:30~21:30

    西川公平「地域コミュテニィの心理相談所…というだけでなく」

第4回:2022年2月3日(木) 19:30~21:30

    栗原和彦+信田さよ子+西川公平
   「開業についてすべてを語ろう」


他の1回ごとのチケット(1回分2,200 円(税込))は,こちらをご覧ください→
https://stores.jp/search?q=%E7%A7%81%E8%A8%AD%E5%BF%83%E7%90%86%E7%9B%B8%E8%AB%87&store=tomishobo

全通しのチケット(1回分6,600 円(税込))は,こちらをご覧ください→https://dashboard.stores.jp/items/614051c351244e1a77d13fc1

講習会の詳しい内容・講師紹介は,こちらの遠見書房ブログ https://tomishoboevent.blogspot.com/
をご覧ください。

 

 

“心理職の立場は非常勤勤務が多く,不安定な雇用が常態化しています。医療分野だけでなく,教育や産業分野での心理職の常勤化が進むことが望ましいですが,人件費を押さえたい経営判断が当然の現状では難しい現実があります。そのなかで,「開業心理臨床/私設心理相談」を選択する心理職の方が増えていると聞きます。

 そこで,「開業」の分野のフロントランナーである3人に「開業心理臨床の本当のところ」をお聞かせいただければと考えました。開業は大変。覚悟も資金も必要。決して手放しに薦められるものではありません。でも開業にロマンがあるのも事実。また,良質の開業者が増えれば,心理療法の可能性を広げることにもなりますし,心理職全体の地位の向上にも寄与するものと思います。
 オンライン講習会は,全4回行う予定で,まずは3人の開業者に個々にいろいろと話してもらい,最後の4回めには鼎談をしてみたいと考えています。栗原先生は伝統的なプライベート・プラクティスとして,信田先生は大きな組織をつくった方として,西川先生は滋賀・彦根という地方都市で成功を収めておられる地域モデルとして,それぞれお願いをしたものです。

 参加者の皆様との時間もしっかりとろうと思っていますので,開業を考えておられる方,夢想している方,開業実践に携わっている方など,多くの方のご参加をお待ちしております。(主催者)

「遠見書房」の書籍は,こちらでも購入可能です。

最寄りの書店がご不便、あるいはネット書店で在庫がない場合、小社の直販サービスのサイト「遠見書房⭐︎書店」からご購入ください(store.jpというECサービスを利用しています)。商品は在庫のあるものはほとんど掲載しています。